ドコモ、au、SoftBankと「三大キャリア」の1つであるauに今回は注目してみます。

昔はドコモより少し劣る印象にありましたが、妥当ドコモとしてきたauもいつの日かみるみる成長して、ドコモと並ぶ大手携帯電話会社まで成長。

時代がスマートフォン変わった今でも三大勢力は変わっていませんが、そろそろ三大勢力にも陰りが見え出して来ました。

格安SIMの登場で毎月の支払いが安くなり、今まさに格安SIM時代の到来!

auも格安SIMに対抗するべく新しいプランを始めましたが、格安SIMに対抗すると言う事はそれど格安SIMを驚異だと思っている証拠。

auの対抗策である新しいプランと格安SIMを比較してみます。

 

auと格安SIMを比較

auが格安SIMに対抗するべく出した新料金プラン「ピタットプラン」

これはauユーザーで無くても聞いた時があるのではないか?

豪華有名人によるCMが流れていますから「ピタットプラン」は結構有名であると思っていますが、肝心の料金設定はほとんどの方が知らないのでは無いか?

格安SIMに対抗する「ピタットプラン」ですから毎月の携帯代も安い印象はあると思いますが、格安SIMと比較すればどちらがやすいのか?

このauの「ピタットプラン」と格安SIMを比較してましょう。

 

ピタットプランと格安SIM

格安SIMを扱っている所はかなりの数になりますから全部比較するのは時間の無駄ですから、代表的な格安SIMと比べて見ます。

まず、auの新料金プラン「ピタットプラン」を調べたら3種類程のプランに分かれていて、通話従量制と通話5分のかけ放題が付いているものと通話が無制限にかけ放題になる3種類が格安SIMに対抗するプランあります。

この中で1番安い通話従量制の価格を見てみると、ギガ数20GBで6,980円と格安SIMに対抗した価格にしては高い。

この価格では正直格安SIMに流れる人は止めれない。

ここから割り引き(キャンペーン)などがあっても5,480円と通話も定量制でこの値段は高いだろ。

 

格安SIMの代表的な所と言えばCMでのお馴染みのY!mobileやUQ mobileだろう。

この2社の価格はそこまで変わらず、2社とも21GBで6,980円となっている。

ここに割り引きなどが色々面倒な物が入って初めて、約4,980円ぐらいの安さになる。

auが格安SIMに対抗して出した価格も頑張った価格になっているが、格安SIMの値段には敵いません。

 

大手携帯電話会社が価格で格安SIMに挑むのは無謀な事だろう。

これからも大手携帯電話会社は格安SIMの価格に悩むだろうが、どう考えても格安SIMの方が安い!これは絶対に変わらない。

大手携帯電話会社は色々なプランをやってはやめてを繰り返して、来るだろうが価格では格安SIM。

これだけは覚えていて欲しい。

 

割り引きには注意

auもそうだが大手携帯電話会社は割り引き(キャンペーン)で価格を下げてくる。

格安SIMだとY!mobile、UQ mobileなどもそうなります。

この割り引きを皆さんは理解して使っていますか?

スマホを買った時などに色々説明されて契約して後々これは解約などとちゃんと分かった上でやっています?

その時の割り引きに釣られて契約しても、後で解約する物を解約せずに無駄にお金を払った経験は無いですか?

1年割り引きなどの期限があるのもなのに、長く使っているから安いと勝手に勘違いしていませんか?

そうです!割り引きって良いことだけでは無く、後々を考えると損をする事があります。

 

1年割などの期限付きの割り引きは1年後には使えませんから、その後を考えると割高。

割り引きなどはいりませんから価格が最初から最後まで変わらない所を見つけたいですね。

 

おすすめ格安SIM

自分に合った格安SIMを探すの結構手間。

各社特徴も違えばドコモ回線、au回線、SoftBank回線と様々あり混乱。

ここに割り引きなど色々考えると「このままでいいや。」となる人が多いでしょうね。

その気持ちは分かりますが、毎月高い携帯代を払うのはもうやめましょう!

格安SIMもしっかり選ばなければいけませんが、どこにしようと悩んでいるあなたに【スターモバイル】をおすすめします。

20GBと30GBのプランがありどちらも4,860円と価格も安く、面倒な割り引きの契約などもない。

30GBはドコモ回線を使用しているので通信速度も問題なさそう。

どこの格安SIMで迷っているなら1度【スターモバイル】を検討してみてはいかがでしょうか?