多くのい会社がスマートフォン市場に参入していますが、その中でも2019年3月に出来たばかりのスターモバイルの代理店(正協会員)の報酬体系について解説していきます。

「よし!代理店になってみようかな。」と思っても肝心の報酬体系などが分からなければ、やってみようとも思いませんよね?

代理店(正協会員)になるにも値段も高そうと思われがちですが、本当にそうでしょうか?

今や携帯電話は使いながらお金を支払う時代では無く、お金を報酬としてを貰う時代ですよ!

「携帯を使いながら毎月お金が貰えるならやってみようかな。」と少しでも思ったあなたは今がその時です。

「あとでいいや。」と思っているなら大間違い!

今だからこそやるべきビジネスで、これは先行者利益が狙えるチャンスでもありますよ。

まずは、報酬体系を理解して貰いたいですから分かりやすくしっかり解説していきます。

 

スターモバイルについて

スターモバイルって初めて聞いたと言う方もいるだろうが、それもそうだろう。

2019年に出来たばかりですから聞いた事がないのも理解できるだろう。

「怪しい会社だな。」と思っている方もいそうですが、しっかりとした会社です。

 

電気通信事業届出番号を取得していますし一般社団法人日本IOT協会なので協会員になる必要がある為に代理店【正協会員】となります。

会員と言われると何となく怪しい感じはしてしまいますが、そんなことはないので安心してください。

正協会員になると初めて代理店としてのビジネスができる様になります。

 

正協会員になるには?

正協会員になるには準協会員になる必要がありますが、この手続きはほぼ同時にできます。

準協会員を何年やると正協会員になれるとかはないですから。

正協会員になるには毎月7,500円掛かり、料金はこんな感じになっています。

正協会員7,500円+毎月の携帯代で代理店(正協会員)になれます。

代理店を開きたいと思っていて、この初期投資はかなり格安ですよ。

何十万から数百万する代理店募集もありますからね。

 

ちなみに、携帯電話が普及する前のドコモは代理店を開くのに3,000万円ほど掛かっていましたから、それを考えると現代のこの価格は格安。

この時にドコモ代理店になった方は、今では数億円の収入が何もしなくても手に入っています。

 

スターモバイルの報酬体系

正協会員になり準協会員か正協会員を増やしていくと報酬が貰えます。

この報酬が1番気になる所でもありこの報酬体系を解説していきますが、1~10の報酬体系を解説すると混乱しますので、基本的にこの報酬を覚えておけば問題ない所を解説していきます。

基本的な報酬はここに記されていますが、分かりにくいですよね?

これを見ている方はまだ正協会員でない方か初めたばかりの方でしょうから、初めの報酬から解説していきます。

最初が分かれば後々問題はないでしょうから。

左の【タイトル】と書かれている部分はランクみたいなものですから大して気にしなくても大丈夫。

上がっていけば報酬も上がっていくと考えていれば大丈夫です。

タイトルの1番上が正協会員になったばかりの方です。

【リクルート】と書かれた所がありますが、ここは正協会員を一人紹介すると得られる報酬です。

初めは3,000円ですが4,500円まで最大で貰えます。

【スター】と書かれた所は、正協会員か準協会員が継続してくれれば支払われる報酬。

初めは毎月10%が支払われるという事になります。

例の計算としては、準協会員が一人増えたとすれば1か月4,860円の携帯代として準協会員は支払いますよね。

その4,860円の10%が報酬になります。

こんな感じで、報酬が増えていきます。

正協会員を3人紹介すると、報酬が20%になります。

10%はかなりでかいですよ。

そして、正協会員を3人紹介すると日給250円報酬として貰えます。

1か月にすると7,500円となります。

初めはこうでしたが、

正協会員3人の紹介でこうなり、

ここまでくると正協会員を紹介した方も正協会員を3人紹介すると、

右下の①②③が報酬となりますから、携帯代はもう無料で毎月収入を得られているでしょう。

ここまでが基本となる報酬になります。

 

スターモバイル報酬まとめ

ここまでは見てきたのは基本報酬のみ。

正協会員になって正・準協会員を紹介すると一人につき始めは3,000円貰えて毎月10%が入ってくる。

正協会員3人を紹介で3,000円貰え毎月20%と日給の報酬もある。

基本はこれでこれだけでも相当稼げるが、更にこの様な報酬もある。

自分が紹介した正協会員が正・準協会員を紹介していると思うが、その差額分の%を貰うことができる。

もうなにもしなくてもお金が入ってきます。

もしも自分が紹介した正協会員が辞めてしまっても、その協会員は上の正協会員につきますからけして損をする事はない。

これを考えれば先に代理店(正協会員)になった方がかなり得をします。

先行利益を生むと言う事はこういうことを言いますよ!

ビジネスチャンスをものにしたいのなら、早めの決断がした方が報酬も増えます!